田舎帰り

昨日は後輩の結婚式。
b0244364_18472637.jpg


何回呼ばれて行ってもいいもんですね。
心が洗われるーーーー。。
b0244364_18472774.jpg


さて、土曜日はガッツリとみんなで祝杯。

日曜日、ある現場の建築中現場と完成見学会にお邪魔してきました。
b0244364_18472712.jpg


b0244364_18472809.jpg


大工の後輩の建てた家でもあるので、なんだか感慨深い。
b0244364_18472807.jpg

太鼓梁が存在感を出す吹き抜けのリビング。

当たり前ではあるが、あの若い子がいまや自分で自分の家を手掛けることができるまで成長していることに驚いています。

最近ではこんな感じで皮付きのカウンターを使うことが多いらしい。

材種も様々
まずは松
b0244364_18472911.jpg


朴木
b0244364_18472977.jpg


せん
b0244364_18473098.jpg




鬼胡桃
b0244364_18473004.jpg


古代杉
b0244364_18473106.jpg

またいろんな発見や勉強が出来ました。逆に色々なことを教えてもらったような気がします。

# by ridewitcolor | 2015-11-15 18:22 | Comments(0)

紹介したい鉋刃

今日は以前現場の近くの金物屋で見つけた鉋の刃を紹介。
落合宇一作延國の紹介。
b0244364_11055264.jpg

b0244364_11055339.jpg

まとめて何点かで購入したので、単品の値段は出ないのだが、中古ということもあり安値で譲ってもらいました。
b0244364_11055546.jpg

店の店主も何年も売れてないし、使ってくれるのならということで私の手元に。
刃の角度、台の捻れ、様々な難はありましたが、なんとか現場使いが可能に。
b0244364_11055612.jpg

中古購入のため、頭の潰れベタ裏と少し残念な 部分はあるが、大事にしたいと思う。

数十年前に造られたであろう刃が自分の手元にきて現場で活躍している…不思議な感覚。
b0244364_11055834.jpg

歴史的価値もあるんじゃないかと思う。
これで薄削りもやってみたい。。

# by ridewitcolor | 2015-11-08 10:45 | Comments(0)

あるプロジェクト

端材を使って大工ならではの物が造れないかと、会社全体で動いているプロジェクト。

今回は同郷の若手監督とタッグになり、何種類かの継手を製作中。
b0244364_20201589.jpg

中々、監督だと刃物を使うことがないため、継手一つ造るのもかなりの重労働らしい……。
墨付けまでしておき、その後の作業はポイントだけ伝え、後はお任せ。
b0244364_20201780.jpg

しばらく見ていたのですが鋸の曳き方を見る限り筋がいいんです。

ここ最近、目標をもって物造りをするなんてこともないため、夢中になってやっていました。

私も負けていられないので、製作中。出来上がりはまた後程。

さて、継手が何になるか??

# by ridewitcolor | 2015-11-02 20:04 | Comments(0)

鬼研ぎ

さて、しばらく放置でしたが、再開です。

休みの早朝から夕方までこんな感じで鑿研ぎしてます。
b0244364_12490505.jpg

一通りの研ぎ直し、刃欠けの修復があるためとにかく大変。。

さすがに何日かに分ければいいなんて思っていましたが、今週ガッツリ使うこともあり、忍耐力との勝負。
b0244364_12490892.jpg

まさに鬼研ぎ…夕方になればなんとかここまでは終了。
久しぶりにメンタルやられました。

# by ridewitcolor | 2015-10-26 12:33 | Comments(0)

大阪

なんだか、最後は流れで大阪まで遊びに来ました、大阪の串カツを食べたくて古そうなお店にお邪魔してみました…。
b0244364_18444425.jpg

b0244364_18444912.jpg

味も店の人の人柄もよく、特にこれといってなかったのだが、煙草吸いたくて聞いてみると、
『あーー、床に吸殻もごみも捨てちゃって…』
b0244364_18445284.jpg

だそう…よくみればお店にも書いてありました。
関西はすごいな…どうりで店に灰皿が置いてないわけだ…(-_-;)

この辺は土地柄のものなのか定かではないが、久しぶりにポイ捨てしてました。

# by ridewitcolor | 2015-09-22 18:34 | Comments(0)

立雲峽

車で移動して、今度はCMの撮影ポイントにもなった立雲峽へ。
b0244364_15294507.jpg

気づくと朝日も大分出てきて、外はすっかりと明るくなっています。

立雲峽の登山ルートは同じく中腹までは車で行けるのだが、そこからしばらく登山しないといけないらしい…しかもかなり足場の悪い中の登山…きつい。。

かすかな希望で登っているために、見れたらラッキー程度でしたがほんの数分…いや数秒だけ奇跡が起こりました。
b0244364_15294764.jpg

b0244364_15294999.jpg

b0244364_15295111.jpg

b0244364_15295329.jpg

突然ものすごい霧に包まれてかすかに浮かぶ竹田城跡、登った甲斐がありました。
b0244364_15295555.jpg

両方の場所から雲海を拝めるのはかなり稀なケースだそうです。
そもそも皆チャレンジしてないような…。
見れてよかった。。

# by ridewitcolor | 2015-09-22 13:34 | Comments(0)

日本のマチュピチュ

早朝から行ってきました。某CMにも使われていた日本のマチュピチュ。竹田城跡地。
b0244364_13325679.jpg

この時期は中々みることができないらしいが、少ない確率にかけてみることに…。

朝は4時前にはホテルを出発…(  ̄▽ ̄)若干まだ酒が残っているような…。
b0244364_13325857.jpg

暗闇の中走り抜け、はや二時間弱…なんかいい感じに霧が発生しています。

中腹まではバスを利用していくようで、そこから登山約30分。

上がれば上がるほど、濃い霧に包まれてきました、もしかしたら雲海を拝めるかも…
なんて思っているとまさに朝日と共に奇跡の光景が…
b0244364_13325939.jpg


b0244364_13330102.jpg

竹田城跡地なので城を客観視することはできないが着くとまさに神秘的。
b0244364_13330376.jpg

やはり写真だと伝えきれないが、自然が作り出す光景に興奮冷めやらぬ感じ…。
b0244364_13330607.jpg

b0244364_13330895.jpg

b0244364_13331047.jpg

b0244364_13331369.jpg

b0244364_13331558.jpg

ってことで、間に合うか分からないが一回下山して今度は竹田城を客観視するために立雲峽へ つづく



# by ridewitcolor | 2015-09-22 12:55 | Comments(0)

立ち飲み

姫路駅の周辺でやっている数々の立ち飲み屋
b0244364_07030237.jpg

すごくないですか。二人で入ってこの量で1000円…。
b0244364_07030531.jpg

まぁ、驚きます、客もみんなで何かに盛り上がっています… 野球 …
b0244364_07030815.jpg

さすが関西。熱狂的。。


# by ridewitcolor | 2015-09-22 03:53 | Comments(0)

姫路

今日は少し新神戸を離れ来ました、世界遺産。。
b0244364_16312554.jpg

姫路城…。
b0244364_16312930.jpg

姫路の駅を降りて、まっすぐ姫路城まで続く大きな通りが印象的…
b0244364_16313378.jpg

連休のせいか人の量が半端じゃない。姫路城に着き、中に入ろうとするもすでに表門の方まで大混雑。

整理券配布されていたもののもちろん遅すぎ、ゲットならず…。

目的がそこだっただけに途方にくれています…
明日再チャレンジ。
b0244364_16313711.jpg

ってことで早くからこんな感じ…(-_-;)
あ〰不摂生( ̄▽ ̄;)

# by ridewitcolor | 2015-09-21 16:19 | Comments(0)

手鉋

竹中大工道具館にあった一枚板とベンチとなっている二枚板…。
b0244364_22565410.jpg

仕上げたのは皆さんだいたい想像つきますよね。
どちらも素晴らしい仕上がりで目を疑うぐらいです。
b0244364_22565613.jpg

木材をここまで仕上げると水も弾くなんてのはよく聞く話ではありますが、とても同じように仕上げる自信はありません…(汗)
b0244364_22565861.jpg

手鉋で仕上げるこの技術は本当に勉強になります。

# by ridewitcolor | 2015-09-20 22:34 | Comments(0)

新神戸

到着。
b0244364_15375023.jpg

一度は行ってみたかった、竹中大工道具館
b0244364_15380128.jpg

b0244364_15380753.jpg

昔の職人がどのように家や社寺、仏閣を造ってきたのか事細かに紹介されていました。
b0244364_15381418.jpg

b0244364_15381894.jpg

カマ継手部分に刺さる刃物。もちろんあの方が造った物…。刃物もそうですが、今現在のような電動工具がない時代いかにして後世に残るような建物を造ってきたのか…材料や木材に対する知識がないと中々今に生きる建物も存在してなかったような気がします。
b0244364_15382450.jpg

b0244364_15383059.jpg

様々な刃物が職人たちを助けてきたんですね。。
手助けしてもらっている刃物、鍛治屋さんに本当に感謝したい。
絶対に絶やしてはいけない職業の一つだと私は思います。
こんな人たちがいなければ私たちも仕事にならないわけですから……。
b0244364_15383664.jpg

いくら見ていても飽きることはありません。


つづく

# by ridewitcolor | 2015-09-20 15:20 | Comments(0)

おはようございます

今日は早朝からお出かけ。
b0244364_07332221.jpg

モーニングのビールはやっぱり最高。

若干迎え酒にはなっていますが…。

# by ridewitcolor | 2015-09-20 07:30 | Comments(0)

信頼できる仲間

先週の土曜日、朝方関東に大きな地震が発生。
そんな中その日が建前…。狭小ならではあるが、レッカーが入れないこともあり手上げにて作業開始。
b0244364_21465118.jpg

構造材、外部に貼る面材、木割り材、屋根野地板…すべて…。
b0244364_21465309.jpg

b0244364_21465558.jpg

b0244364_21465676.jpg

荷上げ、人力での構造材のはめ込み、すべてが手作業のため体力の消耗もいつもとは全く違うと思う。
b0244364_21465721.jpg

そんな中、誰一人弱音を吐く人はいない…。
夕方になれば屋根まで完全終了。
b0244364_21465882.jpg

b0244364_21470089.jpg

大工が一致団結しないと絶対に上棟まで、そして屋根まで終わることは不可能…こんな信頼している人が周りにいるからこそ大きな怪我や事故がなく終われたんじゃないかと思う。信頼している仲間が近くにいて、常に全力で仕事に打ち込めるこんな素晴らしい人たちに囲まれていることを誇りに思う。

# by ridewitcolor | 2015-09-14 21:12 | Comments(2)

一人飲み

今日の夜はしっぽり自由が丘で一人飲み
b0244364_22123636.jpg

一週間の疲れが吹っ飛びます。
b0244364_22131886.jpg

やっぱりこの店はうまい。
魚なら間違いないです。

# by ridewitcolor | 2015-08-29 22:08 | Comments(0)

プッシュアップバー

最近のはまりグッズ。。

b0244364_15592631.jpg

時間があるときはこれで腕立てなんてしています。普通に腕立てするよりかなり効果的。あるメーカーの同じような商品は値段が倍以上しますがニトリ産は1000円以下で買えるんです。

気になる方は是非お試しあれ。。
パンプアップしますよ。

# by ridewitcolor | 2015-08-23 15:55 | Comments(0)

刃物の違い

今日は炎天下までいかず、そんな中で墨付けを作業している工場にお邪魔してきました。
b0244364_03020807.jpg

ずらりと並ぶ材料の中でここでも使われていた東濃桧の役柱。
b0244364_03021190.jpg

次の現場でも使うらしく、大量にストックがされていました。
b0244364_03021303.jpg

お宝が山ほど。。

午後になれば砥ぎの講習を私の分かる範囲で説明と実践。
b0244364_03021529.jpg
今使っている私の清久鑿とそれぞれの刃物の違いをその人自身で感じてもらい、叩いた瞬間に感じる材料への食い込みと木口の仕上がり具合を体験してもらいました。
b0244364_03021745.jpg

今までの砥ぎで叩いた瞬間の刃先への打撃の伝わり方も肌で感じてもらいました、とても興味深く今までとは違う感覚をもったようです。
b0244364_03022016.jpg

違いを感じてもらうのが大きな目的だったので気づくと日も陰り、辺りが薄暗くなるまで砥ぎものと試打に没頭していました。

# by ridewitcolor | 2015-08-16 02:31 | Comments(0)

お盆休み

恒例の鍛治屋さん訪問。
b0244364_11210040.jpg

今日も色々と収穫のある1日でした。
お墓参りもあるのでバタバタでしたが、楽しんできました。

朝、工場を覗くと夫婦で焼き戻しの真っ只中…こんな感じで夫婦二人三脚で作業されている姿はなんかホッコリします。
b0244364_11210274.jpg

どちらが欠けても数々の工程をクリアすることは不可能…
b0244364_11210722.jpg

こういうなかで素晴らしい一本の刃物が出来上がるんです。
奥様は油の前にたち、微妙な温度変化も見逃すことができません。
b0244364_11210949.jpg


午後は恒例の薄削り、二人で色々な話をしながらの砥ぎ…
削りの方はというと……相変わらず進歩せず…。

短い時間でしたが、お二人の元気な姿も見れたのが何より。ありがとうございました。

# by ridewitcolor | 2015-08-13 16:41 | Comments(2)

置き土産

リフォーム現場の木工事もほぼ完了。

少し、時間ができたので置き土産を端材で造りました。
b0244364_10325024.jpg

今回は羽目板の切り落としからできたメガネスタンド。
b0244364_10325196.jpg

旦那さんがメガネをいくつか所有していたのがヒントになり作成。
b0244364_10325280.jpg

それぞれの板厚が薄いので、そこは重ね合わせてカバー…。

オリジナルな置き土産ができました。





# by ridewitcolor | 2015-07-26 10:17 | Comments(0)

壁面収納

ようやく、身内の壁面収納が完成。
b0244364_13322946.jpg

収納力も十分にあり、以前の雰囲気とはまるで違います。
周りが明るい色で比較的統一されているので、ここであえて、ダークな色合いに仕上げました。
この思いが的中。。
b0244364_13323188.jpg

今回は建具取り付けまでが、私の作業内容になりました。

初挑戦のわりにはなんとか合格ラインまでもっていくことに成功。(まぁ、使う方からしたら初挑戦だろうがなんだろうが関係ないですよね。)

建具の取り付けになった途端、作業ペースが大幅にダウン。金物の取り付けや建て付けでかなり苦戦。
まぁ、削った、削った💦💦
また大工とは違う悩みも発見、やっぱり建具屋さんはすごいなぁ…。。

小さな子供もいるため、数々の問題もありましたが、一つずつ解決しながら満足できる品物が完成。
b0244364_13323453.jpg

その家族の日々の暮らしの中で一際目立つ存在になったことが嬉しい。

その場に応じた加工、スペースを最大限に活かした物造り、既製品とはまた違った印象を与えることができる…こんな職業についた自分を誇りに思いたい。。




# by ridewitcolor | 2015-07-20 13:07 | Comments(0)

鎬の角度

少しずつですが、数枚の鉋刃を上げる作業を実践。
b0244364_13065144.jpg

これがまた正直かなり堪える作業、ギリギリまで砥ぎ上げ、裏出しをしてまた砥ぎ出す……。
b0244364_13065578.jpg
叩き出しの割れを防ぐためにお湯につけしばらく放置。
b0244364_13065884.jpg

ぶっちゃけ、精神的にやられますわ。。
b0244364_13070163.jpg

自分で使う道具のメンテナンスはやらなければ現場で使うこともできないので、奮起してやっとります。

とりあえず、一枚の角度上げが完了。
b0244364_13070593.jpg

23度~29度まで上げたため、大分短くなった気がしますが、これで現場で使うことができる………かと思いきや、台の調子もかなり悪いので、この刃は台打ちすことにします。

先が長いが、現場で活躍してくれることを信じて、愛情込めてやっていきます。

暑いし、手が痛いし、この苦労が報われる といんですが…(汗)

早く削ってみたい…。

# by ridewitcolor | 2015-07-20 12:39 | Comments(0)

復旧和室

さて、以前から入っているリフォーム現場。
b0244364_21253956.jpg

もともと六畳和室があったのですが、隣にある水回りのスペースの確保ができないため、4.5畳に縮小して、水回りを拡張。。
b0244364_21254051.jpg

多分出来上がると、苦労があまり見えない状況になるとは思いますが、何も違和感を感じさせないような仕事をするのも大工の仕事だと思います。
b0244364_21254234.jpg

b0244364_21254363.jpg

利用できそうな既存の材料はそのまま使用。縮小した分の柱がなかったのでこれは新設。敷居や鴨居はかなり痛みが激しかったので、交換。
b0244364_21254550.jpg

色々な難所はあるものの徐々に復旧していきました。
こんな感じで既存と新設の融合はリフォームならでは。。
中々見れない光景なので、やっていても中々面白い。
b0244364_21254735.jpg

こういう仕事を違和感なく綺麗に納められる職人はどれだけ残っているのだろう…減ってく一方なのは間違いないと思う……。
今いる若手も積極的に覚えてほしい技術です。

# by ridewitcolor | 2015-07-07 21:07 | Comments(0)

砥ぎ治具

少し前から鉋刃の角度上げに没頭中。先輩から治具をお借りしての挑戦。
b0244364_07473321.jpg

初めて使ったのですが、これがまた素晴らしい。カチッと指定の角度に止まりストロークすることができるので刃角はかなりしっかりと決めることができます。

しかし、なぜ昔の鉋刃はみんな最初からあそこまでねているのでしょうか?今、研いでいるのも25度以下……。。
b0244364_07473668.jpg

以前田舎で仕事をしていたとき、親方に言われたのは鉋の刃は刃角を寝かせれば、寝かせるほど切れると教わりました。

………絶対 そんなわけないじゃない………

正しい知識を知ることも大切。
しかし、刃角をあげるのは悩みの種ですね、治具を使いながら、裏出しもしながら…まぁ、やることが多い。
b0244364_07473828.jpg

ただこの道具は画期的な治具の一つ。

# by ridewitcolor | 2015-06-25 00:01 | Comments(0)

リフォーム継続中

さて、先月から取りかかっているリフォーム現場、間が少し空きましたが、昨日から二期工事再開。
b0244364_15310349.jpg

築年数は35年、かなりきちんと施工されてるためか、解体で悪戦苦闘。。
b0244364_15310567.jpg

b0244364_15311076.jpg

まぁ、経年経過なりの狂いや不具合はあるものの、致命的なダメージはほぼありません。
b0244364_15311320.jpg

在来の風呂、及び水回りの構造腐食も一切なく、白蟻のあとすら見当たらない。施工された工務店はかなりしっかりしたところだったのではないでしょうか。

一つ、面白いものを見つけました。使われている柱が全て『東濃桧』の印がうたれてあります。
b0244364_15311533.jpg

材木屋さんいわく、かなり有名な桧とのこと、気になって調べると伊勢神宮の式年遷宮に多く使われていることか分かりました。

当時、かなりのお金をかけて造ったのがよくわかります。。

完成まではまだ少し先になりますが、出来上がりが楽しみ。


# by ridewitcolor | 2015-06-23 15:08 | Comments(0)

代用が利かない刃物

さて、先日K氏よりこんなものが届きました。
b0244364_00283655.jpg

その名も台屋鏝鑿。

形状が鏝状になっているのが大きな特徴。刃先の長さ、形状も鎬状になっていることが大切。
用途としてはもちろん鉋の台堀包み口の部分に使用します。
b0244364_00283745.jpg

鎬状になっていないとどうしても角度的に刻んでいくことが困難になる、計算されて造られている特殊鑿の仕上がりや技術にいつも脅かされてばかり…。
他にも深さの限度はあるものの、ほぞ穴の底さらいにも使えるのだとか…。
b0244364_00332993.jpg

今年は包み口にチャレンジしてみようと思う。
包み口を造る上でなくてはならない刃物。
大切に使わせて頂きます。





# by ridewitcolor | 2015-06-15 00:00 | Comments(0)

解体現場

少し前から入っているリフォーム現場。

解体時に使っている途中、ばっくりと割れてしまいました。
b0244364_12404052.jpg

柄もいい色が着き愛用していただけに残念です。
b0244364_12424115.jpg

気を取り直して時間を見つけてすげなおします。

前々から思ってはいるが解体の時はそれようの玄のうが一つ合っても良さそう。

# by ridewitcolor | 2015-06-04 12:33 | Comments(3)

サイン会

今日はとある場所まで行ってきました。
仕事とは全然関係ないのですが目的はこれ…
b0244364_20524177.jpg

今色々と話題になっているこの人のスタイルブックをゲットするため。

まぁ、話すと長くなるんですが私が目標にしている人とかなり親交がある人なんですよね。

気がつけばしれっと並んでしっかり足跡つけてきました
b0244364_20525949.jpg

こういう人の生き方に賛否両論あると思いますが、常にポジティブにしっかりと前を向いて毎日を過ごしている、できそうでできないそんなスタイルが好きで影ながら応援しています。

会ったときもとても気さくでイメージ通り。。

興奮冷めやらぬ感じですわ。。。

# by ridewitcolor | 2015-05-31 20:39 | Comments(0)

途中経過

まもなく浸け始めて10日あまり、どんな感じになったか試し削りをしてみました。
b0244364_01065824.jpg

木肌は以前よりもかなりしっとりしている感じ。
どこかで違いを感じとりたい。

ただ今回私は諸事情によりカメラ役に徹します。
b0244364_01065919.jpg


b0244364_01070154.jpg

早速上がってくる屑を確認、不思議と以前よりもかなり艶々した屑が上がってきました。
b0244364_01093568.jpg

これだけでも材料の変化を確認。
b0244364_01070247.jpg

今回の成果はこちら、やはり見た目以上に、測ると厚い…、このほんの数ミクロンに様々な知識や技術を集約しなくてはなりません。

一桁の壁をまずはしっかりとクリアしていきたい。

また少し割合を変えながら、育成していきます。




# by ridewitcolor | 2015-05-28 00:39 | Comments(0)

育成

さて、休みの薄削りから一週間近くが経過。

もちろん、腕が悪いのが一番の問題ではありますが、もう少し材料を工夫してみることにしました、これが吉と出るか凶と出るかはわからない…。
b0244364_20533233.jpg

これでまたいい結果に繋がることができれば、自信にもつながる。。
b0244364_20533410.jpg

今回用意したそれぞれの液体三種。

これを別の容器で混ぜ合わせる、ここで大事になるのは混ぜ合わせる割合、今回はある液体に○%を調合……。もはや科学の世界か……。
b0244364_20533504.jpg

一週間事に経過を見てみたいと思います…。

あとは今回ものすごく勉強になったのは鉋下端の調整…色々と考えさせられるヒントをいただいたので実践していきたいと思います。




# by ridewitcolor | 2015-05-17 20:32 | Comments(0)

見学

今日は朝からこんなところに来ています。
b0244364_16572208.jpg

地元に根強く地元から信頼されている工務店の見学。決して大きくやっているわけではありませんが、何か自分のプラスになることがあるんじゃないかというのが、目的。
b0244364_16572498.jpg

私と年もさほど離れているわけではないので、色々な質問をしてきました、やはり返ってくる答えは常に的確。
b0244364_16572663.jpg

こうばも見せていただきました、ふと目をやると機械の上に坪静さんの墨坪が…。
b0244364_16572983.jpg

どこにいってもついつい目がいってしまいます。
やはりこういった場所が確保できるのは田舎ならではの形ですよね、長い時間大変ありがとうございました、またゆっくり遊びにいきます。

# by ridewitcolor | 2015-05-06 16:33 | Comments(0)

交流会

今年も始まりました
b0244364_12454246.jpg

遠方から集まって午前中から皆さん思い、思いに削りを楽しんでいます。
b0244364_12454492.jpg

今回はなしやさんも参加です。
お昼になれば、なしやさんの好意で、自分で皆さん台を打つ上での注意点や質疑応答をして頂きました、本来であれば、こんなことは絶対にタブーなはずですよね、当然。
b0244364_12492122.jpg

とても勉強になりました、今後に生かしたいと思います。

肝心の私、全然写真もとらずに楽しんでいました、午後になると清久玉鋼の鉋が登場。
b0244364_12454706.jpg

実際現場でもまったく歯が立たなかったものの、群馬のKさんにかかればこの通り、圧巻です。
b0244364_12454902.jpg
やはり刃こぼれはあるものの、安易に修復も可能らしく薄削りに以外に向いているかもとのこの……。
b0244364_12455137.jpg

やっぱりすごい、使い手がかわれば色々な目線で刃を見ることができる、これも今回の醍醐味かもしれません…。

渡辺さん、奥様。毎年このようなイベントを催し、提供していただき本当にありがとうございます。
これをきっかけとして様々な方たちと交流できること、嬉しく思います。

お昼ご飯もご馳走さまでした、とても美味しかったです。

最後はいつもの記念撮影。
b0244364_12455485.jpg

皆さん、今年もありがとうございました。

# by ridewitcolor | 2015-05-05 11:43 | Comments(2)