<   2013年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

足場解体

いよいよ今の現場も足場が解体され、全貌が現れました。
b0244364_12453537.jpg


やはり軒の出がある切妻の屋根は家のバランスがしっかりととれていて存在感が出ます。
b0244364_12461745.jpg



家の中から撮るとこんな感じでとても立派な庭まであります。
b0244364_1247551.jpg

今の都内の住宅でここまでしっかりと庭があり、四季を感じることができるのはとても珍しいことですね。
ハキダシの先にはこれから一間ほどのデッキも作る予定になっています。
b0244364_124979.jpg


とても開放的なスペースになりそうです。

完成が楽しみ。。

by ridewitcolor | 2013-04-22 20:56

プレゼント

週末にいつもお施主様が現場を見にこられます。
子供たちも完成を楽しみにしているようでいつもおおはしゃぎ。。
普段では聞こえない声が家中に響き渡り、現場が明るくなる瞬間でもあります。

飲み物やお茶菓子まで頂き、本当にいつもありがとうございます。
ブログをみてくださったようで先日は素敵なプレゼントまで頂きました。
b0244364_21433089.jpg


私自身もあまりに突然のことでビックリ致しました。。


フランス産の有名な赤ワインだそうです。帰って奥さんにも見せたところ大のワイン好きもあり、大喜びでした。
b0244364_21454199.jpg



何せ監視をしていないとあっという間に飲まれてしまうのでどこかに隠しておきます。



またお時間があるときはいつでも現場に来てください。本当にありがとうございました。

by ridewitcolor | 2013-04-15 21:09 | 仕事

吹付け完了

いよいよ外部の吹付けが完了致しました。
b0244364_22105353.jpg


まずは吹付けするためにこんな感じでしっかりと養生しなくてはなりません。
b0244364_22214270.jpg


b0244364_22144071.jpg


どちらかというと吹付ける前の工程の方が大変な作業になります。
ここでしっかり養生をやることでこんな感じで綺麗に吹き付けることができるんですよね。
b0244364_22224249.jpg



b0244364_22174073.jpg


大工も同じですがとにかく養生の大切さは外部も内部も何も変わりはありません。
職人が一人一人が責任を持ってやることがとても重要になります。

今の現場もあと少しです。完成が楽しみですね。。

by ridewitcolor | 2013-04-12 20:19

最近は家研ぎが多くなってきました。
今回研いだのは以前、ある建具屋さんから頂いた寸八の鉋、銘は侍。。
b0244364_23532100.jpg


詳細が分からないため、誰かこの鉋について知っている方がいれば是非教えてください。
b0244364_23145685.jpg


研いだ感じも決して悪くなく、ただ頂いたときにかなり刃角が寝ていたので裏だしをしながら刃角調整。。
これがかなり大変な作業。こうならないように日頃から気を付けながら刃付けをしています。
b0244364_2362555.jpg


こんな風に自分で直しながら使う刃物は例え古いものでも愛着がわきますよね。。

by ridewitcolor | 2013-04-09 12:30 | 大工道具

鉋袋

以前、大阪の、のぼり刃物さんにいったときに素敵な鉋袋を頂きました。
b0244364_12361929.jpg


色々な鉋袋がある中、のぼり刃物さんのものは、とてもシンプルで持ち運びがとても便利で気に入っています。
しっかりと金物屋さんの銘が入っているのがGOOD。
b0244364_12342437.jpg



刃先や鉋自体を保護する役目もあるため、移動の際は必ずこれに入れて持ち歩きます。
b0244364_1238147.jpg

こういう備品があるのはとても重宝します。

by ridewitcolor | 2013-04-08 12:24

省令準耐火構造

いま、私たちの会社ではこの省令準耐火構造がメインになりつつあります。
簡単に説明すると、外部からの延焼防止、各室防火、他室延焼遅延が大きな特徴であります。

これをすることのメリットは火災保険や地震保険料の料金が大幅に割り引きされるという特徴があります。

これをクリアするには色々な問題を解決しないといけないのですが、日々、住宅事情がめまぐるしく変わっていく昨今、施工する大工が内容を理解しないといけないのが必須条件になります。

施工方法は何種類かあるのですが、そのうちの一つがこのように壁のボードを梁まで張りのばす方法で天井を壁のボードに突きあてていく方法があります。
b0244364_21331540.jpg


今までのかってとは少し変わってくるので、多少抵抗感はあるが今は慣れることが一番の施工スピードに繋がるのではないかと思う。

配線の部分をうまく切り欠きながら施工していくのは中々大変。ですがこのような作業をしていくことで大きなメリットがあったり、延焼遅延に繋がるのであればやる意味はあると思う。
b0244364_21362281.jpg



いつも以上に手間もかかってくるのも必須。。
いかに大工が柔軟に対応していくことが大事になってくると痛感しています。

by ridewitcolor | 2013-04-03 12:36

結婚式

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by ridewitcolor | 2013-04-01 19:30 | ブログ