<   2012年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

昼休み

ようやく窓周りの雨仕舞もよくなり、内部造作に取り掛かってきています。天気にも最近は恵まれ、暑さからもいくらか解放されたこともあり、外で研ぎ物をしていてもとても気持ちがいい。。

今日紹介したいのは、刃幅48ミリの少し小さな平鉋の紹介です。鉋と言っても用途や役割に応じて変わっていきます。小さい鉋から大きい鉋まで、うまく用途に応じて使い分けながら日々仕事をこなしています。
b0244364_2374628.jpg

毎現場、造作の前はやはりしっかり研ぎあげたものを使いたい。

何か、自分の中で現場、お施主様へ対するの大工的な礼儀でしょうか?
b0244364_23123323.jpg


研ぎ上げた刃物を使うことで造作工事も早さも出来栄えにも差が出てくるのではないかと思います。。

使っている本人も気持ちがいいですし。。

さて本題の刃幅48ミリの鉋ですが、とにかく普通の鉋に比べかなり小さいので取り回しが自由自在。

枠材の目違いをはらうにはもってこいですね。用途をあげれば切りがないぐらい出てきますが、これも施工する人間でそれぞれで違うので決めつけることはできないが、違いがあるからこそ、その役割は無限。。
b0244364_2385159.jpg

研ぎ上がりも良く、今か今かと道具の声が聞こえてきそう。

by ridewitcolor | 2012-09-27 23:03 | 大工道具 | Comments(0)

自由が丘

夜も遅かったので軽く飲んで帰りました。。

いつもの海鮮のお店で一杯飲んできました。こっちに来てからなかなか出会うことが出来なかった安くて魚がうまい店。
ここは私が惚れ込んだお店の一つです。

値段も安く常に新鮮な魚を食べることが出来ます。

ただ今日はうにいくら丼の紹介をします。久しぶりにこんな丼物を頂きました。。これだけ来ていたのにもかかわらず、まさかこんなものまであるとは・・・。
b0244364_20444725.jpg

時間があるときにでも行ってみてください。店主も明るく素敵なお店なので是非。。

by ridewitcolor | 2012-09-18 12:00 | ブログ | Comments(0)

生きるための家

上野の東京美術館で開催されている生きるための家展を見てきました。39人による次世代の建築がテーマです。
b0244364_1145231.jpg

次世代というだけあり、建築という概念にとらわれず、空間をうまく使い、遊び心が満載で見る人を惹きつけます。

私自身大工という立場で見に行くことで新しい発見があるのではというのが今回の目的でもありました。
最優秀賞に輝いた作品がこちらです。
b0244364_1154626.jpg


数ある作品の中でも楠の木から作られている彫りながら住む家にはなかなか考えつかないアイデアに驚かされます。
b0244364_1161166.jpg

四六時中彫っていきながら生活をする。とても斬新な作品だと思いました。一生完成することのない家でもあります。

b0244364_1463755.jpg


正直な話、一般の方には理解しがたい作品ばかりで、審査の基準がまるで分りません。。けどそれが今回のテーマでもある、次世代の建築ということなのかもしれません。。

建築家それぞれがもっている個性が前面に出ていてとても面白い作品ばかりでした。。

by ridewitcolor | 2012-09-17 20:34 | ブログ | Comments(2)

掘り出し物

現場の合間に時間があったので少し周辺の金物屋を巡ってきました。まだまだ都内には古い金物屋も多く残っています。
知らない土地での散策は楽しいものです。

売れなくなった昔の道具も古いガラスケースから顔を覗かせています。店主に目立て鋸はないかと尋ねました。大分処分してしまったから数はないがあるとの事。。

奥の方から三枚だけ出てきたんですがそのうちの一枚がこれなんです。

b0244364_22253699.jpg


まじかぁーーーーーー。。。……光川順太郎。。

まさかこんな所で出会えるなんて思ってもみませんでした。値段まではかけませんが、今現在、需要がない事もあり、格安で手に入れることが出来ました。

良く見ると切銘の部分が今現在の物とは違います。
b0244364_2226128.jpg

こうなれば、直接聞くしかないと思い、カネ順さんに聞いてみました。回答までに時間がかかりましたが、なんと造られたのは昭和40年代後半、先代の方の作品だそうです。まったくと言っていいほど錆もなく非常に状態のいいものでした。
これから使うのが楽しみな鋸の一つであります。帰り際になぜか木目の綺麗な黒檀の柄まで頂きました。玄能を挿げるのも楽しみです。
b0244364_2228477.jpg
こんな掘り出し物を見つけることが出来るお店はまだまだありますね。。

仕事を楽しくすることが出来る一つの手段です。。

by ridewitcolor | 2012-09-03 22:21 | 大工道具 | Comments(0)