カテゴリ:仕事( 32 )

新しい現場

今回は某工務店の仕事をさせていただくことになりました。

今日は作業場の見学と建築現場の下見に来ました。
b0244364_20502363.jpg


これだけのスペースがあれば、色々と仕事の幅も広がりそう。

都内で仕事をしていると私たちの仕事の場合、色々な問題が出てきます。その問題の一つがこの資材を置くスペースの確保。

私たちの場合、かなり限られたスペースしかないので、現場での材料の拾いはかなりシビアになってきます。

極力、次の現場に回せるものや、再利用できる材料はうまくやりくりはしようとしているもののどうしても無駄が出てしまっている現状もあります。
b0244364_20504085.jpg


まぁ、スペースがあればその分多めに頼んでしまいがちかもしれませんが……。

とにかく常に現場にいると頭を悩ませている問題の一つではあります。

by ridewitcolor | 2015-02-22 16:33 | 仕事

整理整頓

今週もまた日曜日はこんなことをしていました。
少しずつですが、大工道具もようやく整理ができてきました。
b0244364_836399.jpg


今回は鉋をうまく保管しておけるような、棚の作成に取りかかりました。
通路と言うこともあり、邪魔にならないよう、カウンターの出巾をRに抑えました。
これでまた保管、取りだしが楽になります。
b0244364_8374947.jpg

カウンター上にはこんな感じで額も飾ってみました。見る度に気が引き締まります。

数年前に書いて頂いた一筆。。すごく気に入っています。

by ridewitcolor | 2015-02-08 08:27 | 仕事

日曜日

さて、休日は朝からこんなことをしています。
もっぱら研ぎものは家でやるようになった今日この頃。
いつも砥石の管理が大変だったのはちょっとした悩みでありました。
b0244364_10521467.jpg


そんなこともあり、こんなものを作ってみました、これで砥石の管理が格段に楽になります。
b0244364_10524432.jpg


ちょっとした工夫ですが、きちんと水が切れるように溝堀をしています。

少し、見づらいかもしれませんが、砥石の下に浅木を入れて砥石自体も浮かしてありきちんと湿気を逃がす工夫もしています。

使い勝手もいいし、研ぎ場環境もよくなり、これでまた集中して研ぎものをすることができます。

by ridewitcolor | 2015-02-01 10:41 | 仕事

工作

新年に入り、忙しい現場もいちお、一段落。
今は細かな作業を毎日こなしています。

そんな中の一コマ。
b0244364_1551789.jpg


お客様用の玄関脇に置くベンチの作成。
ずいぶんと可愛らしいものができました。
b0244364_1565148.jpg


背もたれが美しい曲線を描き、柔らかくて見てくれがいい。

こんな仕事ができるのも少し落ち着いている今だけ……。。

by ridewitcolor | 2015-01-29 15:00 | 仕事

見栄っ張り

週末、車で移動していたところ、目の前にレクサスの600が…………。

都内だと比較的よく見る光景、初めて見ましたがよく見るとレンタカーのわナンバーでした。
b0244364_10211214.jpg


都内にはこのような高級車レンタルが何軒かありますが、どんだけ見栄っ張りなんでしょう。。

やっぱり田舎では見ない光景がチラホラ。。

by ridewitcolor | 2015-01-23 10:14 | 仕事

現場仮設

久しぶりの更新。今日は現場の話をします。

自分達がいつも使っているトイレ。私たちだけでなく、常に色々な方が利用することになる…、そりゃ人間ですから当たり前の話。
b0244364_23284748.jpg


ただここで気持ちよく使ってもらうためにいつもこの状態を保っています。

みんなが綺麗につかってくれれば、次の人もまた気持ちよく利用できるはず…。

現場のなかだけでなく、仮設設備を綺麗に保つことはとても大事なことだと思う。
汚くならないような工夫は必ず必要。
突然、お施主さんが来て利用することもあるわけですから…、やはり与える印象は絶対的に違いますよね、なかなかここまで配慮しながら仕事をするのを難しいと考える人もいる、けど誰かがやらなければこのような状態を保つことはできないと思う。
b0244364_23295126.jpg


少なくとも私はここまでは自分の仕事だと思っています。

by ridewitcolor | 2014-12-06 23:11 | 仕事

アドバイスの成果

先日研ぎあげた清久。アドバイスを頂き実践へ……。

最初はなんでかいまいち調子が上がらずスタート。

台をこまめに直しながらようやくここまで調子をあげることに成功、引きも軽い。
b0244364_15195519.jpg


これが今の私の限界です。。
b0244364_15205668.jpg


これ以上の薄い削りとなるとまた更なる精度が必要。
皆さんも削りながら部分的に台を直していると思います。刃口近くをさらうときはかなり慎重にやっているのですが、皆さんはどのようにしていますか?もしいいやり方等があれば教えて下さい。
b0244364_15202592.jpg


材料の艶はもちろんこんな感じ。

あ〰本番まであとわずか、やる度に発見と課題の連続……奥が深い。。

by ridewitcolor | 2014-10-28 15:09 | 仕事

清久

先日の刃欠けしてしまった清久。

時間は少しかかりましたが、復活。ここで欠かせないのがこちらの荒砥石、
b0244364_7345050.jpg

刃をよくおろしてくれます。平面直しは同じもので共擦り。
かなり荒いので、平面を保つのは注意が必要ですが、刃欠けを直す時間が短縮します。
b0244364_7344897.jpg


あとはじっくり研いで現場に備えます。
b0244364_7353538.jpg


永切れという定義がいまいちまだわかりませんが、この清久は確実に永切れします。

私が実感した体験談です。

by ridewitcolor | 2014-10-11 07:26 | 仕事

何年ぶりだろうか…………。

今月頭の話ではありますが、住宅に使用する断熱材の講習を受けてきました。
b0244364_20282584.jpg


今現在、会社で標準化されているのは木質繊維系断熱材のセルロースファイバー。

今回の現場に限っては設計事務所の仕事なので数年ぶりにグラスウールを使用。
ドンピシャのタイミングで講習を受けたのでマニュアルにのっとり施工中。
b0244364_20242462.jpg

細かい話にはなりますが、これがかなり大変。。普段はセルロースファイバーなので専門の方が来てきっちりと施工してもらっています。
コスト面ではたしかにグラスウールの方が安くなるが、総合的に考えたときにどのぐらいの減額案になっているのか??
b0244364_2024436.jpg

講習を受けた印象は人それぞれだとは思うが、もし本当にこのマニュアル通りに施工した場合、かなりの人区がかかる模様。やはり理想と現実はかなりの差を感じる。
しかし限られた時間の中でやれることは全てやろうと思う。
少しでもこの差を埋めようと奮闘中。
b0244364_20245610.jpg


ただ一つ、これだけ色々な物が発達した世の中なのになぜこの断熱材の中のガラス繊維を除去できないのかまったく理解できない。
チクチクチク…………。。
施工者のこともやっぱり少しは考えてもらいたい。

by ridewitcolor | 2014-09-19 20:05 | 仕事

薄削り

改めて挑む薄削り。

最初は順調に削れていたが、またも小さなかけが別の場所から発生。
b0244364_12431131.jpg


きちんとルーペで再確認し、これならいけると自信があっただけに残念でならない。
b0244364_1243392.jpg


肉眼で確認できないかけをいかに出さないように削るのが今後の課題。

なにかいい方法を知っている方がいれば教えて下さい。

by ridewitcolor | 2014-05-29 12:38 | 仕事