清久鑿製作所

休みの日に弾丸で行ってきました。

理由は色々あるのですが、鑿の造り手の顔を見て話したいというのが一番の要望。


私たちが行くに辺り色々と準備をしてくださり、本当にありがとうございました。奥様の手料理とても美味しかったです。
b0244364_13011320.jpg




まずは、一から鑿ができるまでの工程をきちんとお話いただきました、みんな一言も逃すまいと、必死に聞いていました。…私も同じく…。
b0244364_13011486.jpg

b0244364_13011471.jpg


一通り話が終わるといよいよ工場へ…、途中過程の刃物を見ると一気にテンションがあがりましたね。
b0244364_13011533.jpg

実際に細かく地金や鋼の説明をしていただきました。
半日ではありましたが、あまりに夢中になりあっというまの出来事だったそうです。
b0244364_13011566.jpg



一本の刃物がここまで手間がかかり、完成することに驚いたと思います。自分達が刃物を買うとなると、当然相手は金物屋さんになってしまうのですから、造り手の顔を見ることは困難だと思います。
b0244364_13011677.jpg


経緯はどうあれ、造り手の顔やそこにどんな苦労があったか、どれだけ手間をかけて造っているか… 容易に想像することは出来ません。
b0244364_13011659.jpg



そんな姿が間近で感じ取れるのはこんな瞬間しかない気がしますし、大事なことだと再認識させられる瞬間でもありました。
お忙しいなか、私達のために時間を割いてくださり、本当にありがとうございました。

by ridewitcolor | 2016-03-29 12:06 | Comments(0)