家紋清久で研ぎと試打

去年からの続きもあり、今回もまた研ぎと試打の講習…(分かる範囲内で)
b0244364_23454174.jpg


まぁ、当然ではあるが寒い、冷たい、指先の感覚がない

そんな中でもみんな張り切ってやっています。まだまだ精度の要する道具が揃っていないため、わりかし自作のアイテムが登場。
b0244364_23454267.jpg

一つは万能機の使い古しの刃を殺して造ったストレートエッジ。
b0244364_23454341.jpg

しっかりと刃先が当たる部分は欠込まれています。精度の問題よりも身近なもので工夫をしてやっているところが驚きます。あとは、写真にはありませんが、薄いガラス板を重ね合わせ、砥石の修正板を造っていたりと、まぁ、次から次へと出てきます。
しかし、そういう努力になんだか嬉しくなります。
b0244364_23454435.jpg


今回は家紋清久もあるので手元にある清久鑿とも比べてもらいました。
b0244364_23454454.jpg

b0244364_23454513.jpg

また特別の感覚を持ってくれたようで充実した1日を過ごすことが出来ました。

by ridewitcolor | 2016-01-03 23:25 | Comments(0)